FC2ブログ
ラジオドラマ&アンケート結果
みなさま、アンケートへのご協力どうもありがとうございました~!
短い期間でしたが25日をもちまして終了とさせていただきました~!

久々にテンプレートを変えたら、お姉ちゃんに「気持ち悪い(痛い)系やな」と言われてしまいました(爆)
どうしよう。かなり痛い人になっていますか?(笑)
確かにいつもとは種類が違うことは自分でも気付いていますけど(笑)
でも、せっかく頑張って作ったんで、次が完成するまでコレでよろしくお願いします(笑)

じゃ早速、結果発表~!
の、その前に!久々の「ラジオドラマ」書き起しを~^^
最近、全くビギステを聞いていない私ですがmikaさんのお力を借りてUPです(笑)
しかも今回は自分で聞くことすらしていない私・・・(トンペン失格)
だって、だって、だって・・・
恥ずかしすぎて~(爆)

****************************************************************************

恋愛シチュレーション
ユチョン・・・・・ユチョン
ジュン子・・・・・ジュンス 
チャミ子・・・・・チャンミン
・書き起こし・・・mikaさん

(波の音)

今日はユチョンとジュン子のつきあって2年目の記念日。
2人は夏の海に遊びに来ていた。

「ジュン子のやつ、遅いなあー。水着に着替えるのに何分かかってんだよ。
でも~でもでも!ジュン子の水着姿、楽しみだなあ~(≧▽≦)」

「ユチョン、おまたせ!」
「お、ジュン子遅いよ、何分かかっ…」
「ごめんごめん。時間かかっちゃった。ん?ユチョン?どうしたの?」
「いや、あの、ジュン子、予想以上だよ! ジュン子の水着姿はめちゃめちゃカワイイ!
めちゃめちゃセクシーだよ! 最高だよ、ジュン子!!O(≧∇≦)O」

「もーやだあ、ユチョンったら!ジュン子恥ずかしいゾv(≧∀≦)v」

ユチョンはジュン子の水着姿に感動すら覚えていた。
そしてジュン子は恥ずかしかったが、ユチョンが喜んでくれて嬉しそうだった。
そして、その時。

「あら、ユチョンじゃない?」
「え?ええっ?チャミ子?」
「久しぶりだねえ。相変わらず海好きだね~ユチョン」
ジュン子(なんなの?ユチョン!このチャミ子って誰なのよ?)
「やあっ、そういえば昔、よくお前と来てたもんなあ」
「そうだったわね。あ、そうそうユチョン、財布ちゃんと持ってる?前に海でなくしたことあったでしょ?」

「おい、お前なあ!その話やめろよなあ~」
ジュン子(ねえ、ちょっとユチョン!「お前」ってなんなのよ~?
あたし、ユチョンにお前なんて呼ばれたことないわよ。
しかもこのチャミ子って女、めちゃくちゃナイスバディじゃないのお!
いったい何者~?(。・ˇдˇ・。) )


「あ、彼女?んー、お邪魔したら悪いわね」
「う、うん、ああ、アハッ」
「じゃあまたね、ユチョン」
「ああ、じゃあな」

ジュン子に軽く会釈して過ぎ去るチャミ子。
ジュン子は機嫌を損ねたのか、その会釈を無視した。

「よーし!それじゃあジュン子の手作り弁当を食べようかな?ん?どうしたの、ジュン子?」
「ユチョン、あたし…プンプンだぞっ(○`ε´○)」
「え?どうしたの?ジュン子」
「どうしたのじゃないゾ~あのナイスバディな女、誰?」
「あれ?言ってなかったっけ?あの、チャミ子は僕の幼なじみだよ。
妹みたいなもんかなあ?この前話さなかったっけ?」

「あら、そうだったかしら?」
「あー、さてはジュン子!ヤキモチやいたな~コイツ~♥」
「キャー!恥ずかしいぞぉ~♥」
「ジ、ジュン子…それより、これ」

小さなプレゼントの箱をあけて指輪を取り出すユチョン。
そしてユチョンは、ジュン子の指に指輪をはめた。

「わあ!嬉しい~♥ジュン子嬉しい~♥♥♥」
「ジュン子、愛してるよ。これからもよろしくな♥」
「あたしも、あ・い・し・てるぞ!キャーーーーヾ(≧∇≦*)〃♥♥♥♥♥」


ジュン子は恥ずかしさのあまり砂浜を走り出した。
ユチョンとジュン子
つきあって2年目の記念日のことだった。



54dc9d5f.jpg
                   2周年、おめでとう(苦笑)



では、恥ずかしくなったまんまでアンケート集計に入ります(笑)


<トンペン調査アンケート結果>

総投票数:314件(アンケートフォーム以外からの投票も含む)

統計

結果はご覧の通りでーす!
予想通りの結果という感じもしますが、やっぱり関東地方は多いですね~!
私的には近畿地方がもう少しいくかな~と思っていたんですが(笑)
とりあえず、全地方に投票があったので、トンペンが全国にいることが証明されました~(笑)
中でも、私自身が行ったことがない県からの投票やコメントを見させていただくと
その方たちと繋がっているような気になって嬉しくなりました♪

そして「何県には誰ペンが多いのか?」ですが・・・・
県名が抜けている方が多かったのと、私自身、地理が苦手なもんで(おい)
ややこしすぎて途中放棄してしまいました(爆)
せっかく教えてくださったのに、すみません(ペンペコリ)
全体としてコメントを見る限りでは・・・やっぱりジュンスが多かったかな~♥
ぐふふふふ♥

そんなこんなで、では今からコメントを下さった皆様へ一言ずつですがお返事させていただきます~!
アンケートフォームからのコメント数:105件
一気に行くぜ~!!!(笑)

 more...

スポンサーサイト



Posted by スイカ
comment:25  
[東方神起
調査&ズームイン
ドームレポではたくさんのコメント・拍手ありがとうございましたー!
そして、2周年記事でもたくさんの拍手・拍手コメありがとうございましたー!
みなさんの温かいお言葉にただただ感謝しております!
周りのトンチングにはブログをしていることは一切明かしてないという秘密主義な
私ですが、これからもどうぞよろしくお願いします(笑)


今回、東京ドームに行ってビックリしたことがあるんです。
それは人の多さ!
っていうか、トンペンの多さ(笑)
すごいですよー、全国のトンペンが集まったんちゃうかと思うくらい多かったっすわ!
んで!
思ったんです。

トンペンは何県に多くいるのか?

何県には誰ペンが多いのか?
という、どーーーーーーーーーーーーーーーーーーでもいいことを(爆)

でも、気になってしゃーない(笑)
なので、アンケート作りましたので協力してくださーい^^


※地方を選んだあとにコメントで県名と誰ペンかを記入してくださるとありがたいです。



先日、ズームインで東方神起特集を放送されたと思うんですが
残念ながらこちら関西では放送がなく悲しんでいたのですが
優しいお友達がDVDに落として送ってきてくれましたー♥
こまうぉ^^


ほぼ「ポドナム」の宣伝(笑)でしたけど、とってもかわいい&おもろいトンの姿が満載でしたねー♪
まずおもろかったのがジェジュン、チャンミン、ユノ3人のグルメリポート!
グルメリポートの達人、彦麿呂をお手本に実演するんやけどー


彦麿呂を目の前にしての
0907201.jpg
すごいぞ!ジェジュン(笑)



目や口や毛穴、全てを開いて表現すると、より美味しそうに伝わると伝授され
0907202.jpg
開きまくる、チャンミン(笑)



目を瞑るとこれまた美味しそうに伝わると伝授され
0907203.jpg
その通りするんやけど、笑えるユノ(笑)



ジェジュンのあの堂々とした「まいうー」には拍手を送りたいですねー。
あそこに新喜劇メンバーがおったら間違いなく全身でズッコケてますよねー。
チャンミンのあの表情には少しばかり怖さを感じましたねー。
これ以外にこの先こんなチャンミンの表情を見ることはできないと思いますねー。
ユノって何でこんなに笑えるんでしょうねー。
「しみこんでる~」ってすんごいナイスコメントなんですけどねー。
皆、グルメリポーターにむいてますよねー(ほんまか?)(笑)



あと、可愛かったのが「納豆コーヒーゼリーサンド」を食べる前の
0907205.jpg
怖がりすぎな、ユチョン(笑)
09072011.jpg
で、食べたあとの微妙な反応と鼻溝が可愛い(笑)



そして、ジュンス!
ジュンスは~常に可愛いんで~キャプとかめっちゃ多くなるんすよ~
キリがないっていうか?(笑)
だから1つだけ~私のお気に入り!

「納豆コーヒーゼリーサンド」を食べた後の
0907204.jpg
この必死なグー!
お目目クリクリ、とんがった口もラブリー♥♥♥
あーーーーーーーーーー、可愛いってば、もう!(笑)
可愛いくせに、腕は筋肉質というこのミスマッチ!
がわ゛い゛い゛ー!


0907206.jpg
生クリームを口に付けるとこも可愛いし。


09072012.jpg
距離感覚がおかしいとこも可愛い。


あっ1枚だけのはずがっ!
ついつい載せちゃうよねー。
やっちゃうよねー。
言うよねー。
とりあえず、ほんま、かわいいってことで締めます(笑)


はーっ、ジュンスがこんなに可愛かったのに危うく見れないとこでした。
ローカル放送って見れない地域の人からするとすごく残念ですよね。
トンペンは全国にいると思うし・・・

はっ!!忘れてた!
ってことで(どういうことか不明)アンケート、よろしゅう♥


本日のおまけ
b57c2df0.jpg
                  「君はどこに住んでるの?」
Posted by スイカ
comment:33  
[東方神起
FINAL in TOKYO DOME
出来た、出来た、出来たー!
もう私は何も言い残す事はありません。
嬉しい事に4、5日両日参加する事が出来ました^^
ドームの事が少しでも伝わったり
思い出してもらえたなら嬉しいです^^
(間違っている所も多々あるかと思いますが目を瞑ってくだされば幸いです)
では、長くなりますが、どうぞ~











20090711.jpg
↑行った人ならわかってもらえるかな?アレからパクリました(笑)










・トンは正真正銘にカッコイイ
・トンは正真正銘に歌が上手い
・トンは正真正銘にダンスが上手い
・トンは正真正銘に可愛い
・トンは正真正銘に完璧
・トンは正真正銘に素敵すぎる
・トンの完璧さは殿堂入り
・東京ドームのトンたちは気合の入り方がハンパなかった
・東京ドームに集まったトンペンの気合の入り方もハンパなかった
・ドーム公演はセットリストが変わっていた
・「Beautiful you」 「My Destiny」 「Box in the ship」は歌わなかった
・その代わりに、まさかのソロ!(発狂・失神・気絶・チーン)
・アンコールでは「ウィーアー」が追加(移動台車)
・アリーナ席の1番後ろにもステージ完備
・東京ドーム公演は暗転したにも関わらず明るかった
・よく見るとドームの天井は所々シースルーの様になっていた
・赤いペンライトで埋め尽くされた会場はとても綺麗でそれだけで胸がいっぱいになった
・「Secret code」が流れ始めた時モニターに「FINAL in TOKYO DOME」の文字が出た
・またまた胸が熱くなったと同時に「ドームなんだ!」と改めて実感した
・ユチョンが登場した時、会場は歓声で揺れていたように思う
・トンたちは全員自信満々で堂々としていて超かっこよかった
・ユノは全身からカリスマオーラを発していた
・チャンミン全身から気合十分男前オーラを発していた
・ジェジュンは全身からビューティフルオーラを発していた
・ユチョンは全身からセクシーオーラとプリティオーラを発していた
・ジュンスは全身からカリスマオーラ、気合十分男前オーラ、ビューティフルオーラ、セクシーオーラ、プリティオーラを発していた
・ユチョンがジュンスパートに入る前に「ジュンス~!」とコールした
・その後に出てきたジュンスのカッコよさったらありゃしない!(興奮)
・特に「T」「V」「X」「Q」「4」と言うたびのジュンスのドヤ顔ったらありゃしない!!(大興奮)
・そんな5人の姿に会場のボルテージが上がりまくった(ヤバイ)
・2曲目「Share the World」が始まった途端にスイカ号泣←タイミングが中途半端(笑)
・自分の中で張り詰めていた緊張感とドームに立っているトンの姿に感極まってしまった
・この曲の時ばかりは涙でトンの姿が見えなかった
・「どうして」では素敵な表情で歌うトンの姿が印象的だった
・特に滝の様に汗をかいたジェジュンが体をクネクネさせながら熱唱する姿がとても綺麗だった
・ジェジュンの汗はラインストーンのように光り輝いていた
・ジュンスがとても穏やかで優しい笑顔で歌ってる姿を見てものすごく嬉しかった
・改めて「どうして君を好きになってしまったんだろう?」は良い曲だと実感した
・「Take Your Hands」での「GO!!」をドーム公演に限ってフライングしてしまった(照)
・「GO!」に気合を入れすぎたのかペンライトの光る部分を紛失(笑)
・始まって早々の出来事にチンッとなった
・が、横にいた見ず知らずのトンペンさんが「使ってください^^」と新しいペンライトを差し出してくれた
・その優しさにまたまた泣きそうになった(カムサハムニダー!)
・1日目、最初の挨拶でユノが「今日は東京ドームですょ♪」と超可愛く言った
・2日目、最初の挨拶でユノが「FINAL in TOKYO DOME」を「FINAL TOKYO in DOME」と間違えたような気がする(笑)
・チャンミンは両日「ドームは広いから暑くないかな~と思ったけど暑いですね」と言った(会場(笑)
・ジェジュンは「東方神起のアツい思いを全部受け取ってくださーい」と言った(気がする)
・ユチョンは「みなさん、元気ですかー!楽しむ準備は皆おっげ~?!」と言い会場を沸かした
・不覚にも「元気ですかー!」を繰り返し言うユチョンが猪木に見えてしまった(すまん)
・ジュンスは「頑張ってきた成果を出し切るから最後まで盛り上がっていきましょう!」と全身を使って力いっぱいに言った
・その後の「フォー!!!!」がたまらなくカッコよすぎて、またまたテンションが上がった
・「Stand Up!」でのジュンスの「Don't stop!」は何度見てもかっこいい
・ジュンスが「Don't stop!」と言うたびにスイカはSTOPしてしまう(かっこよすぎて)
・そして0.5秒後に大発狂するのがお決まりコース(笑)
・トンとファンが一緒になって振り付けをするところはやっぱり楽しすぎる♪
・その時トンが振り付けを優しく誘導してくれているような気がしてほっこりする
・最後のユノの「イエー!」で暗転、超かっこブー!!
・「9095」のスタンドマイクになりたい(笑)
・ユノのしなやかな腰つきがヤバイ
・チャンミンの表情がと声量がヤバイ
・ジェジュンの汗と髪サラサラかきあげがエロヤバイ
・ユチョンの「ハァ・・・」という吐息と腰がエロヤバイ
・ジュンスの手つきとお尻と腰がエロエロボンバー
・ただでさえセクシーな曲とダンスなのに黒のシャツがセクシーさを倍増させる(やめてケロー♥)
・「FORCE」では会場に炎出現!
・トンが燃えてしまわないか心配してしまった
・移動舞台上で静止して登場するトンがかっこよすぎた!
・衣装の合間合間に見える肌もかっちょいー!
・腰の横辺りで手をクルクルする振り付けはジュンスが1番セクシー←贔屓目(笑)
・チャンミンはとても動きが大きくて迫力があった
・ユチョンは風呂上りの様なセクシーさがあった
・ユノがカメラ目線で顎を撫でながら舌を出した(ズキューン)
・「Purple Line」では本当にPurple Line光線が出ていた
・ユチョンの最初の英語のセリフ?がめちゃんこ気合が入っていた
・ユチョンは気合いが入ると全ての言葉に濁点が付くのでわかりやすい(笑)
・ユノがカメラ目線で手を虎の様にガオゥとした(バキューン)
・チャンミンの手招きがいつも以上に激しかった
・ジュンスの「逃げないざぁ~」ヤバイよーぅ
・ジェジュンの記憶がないよーぅ(笑)
・でも全員がカリスマビームを出しすぎていてヤバすぎたことには間違いない!!!
・「呪文」ジュンスのアレンジ部分は何度聞いてもテンションがあがる
・ユノの腰グイン、クゥゥゥゥ(笑)
・この曲ではジュンスとユノしか視界に入らなかった
・ジュンスのお尻は「もぎたてのモモ」の様だった(鮮度バツグン)
・ユノのお尻は「もぎたてのスモモ」の様だった(超小ぶり)
・2TOPの張り切りマンボーダンスに失神寸前!
・まじでかっこよすぎですから!!!!
・「Heart Mind and Soul」のユノはとっても丁寧に歌い上げていた
・ジェジュンは汗をかきまくっていたのに超キレイだった
・ユチョンとジェジュンが2人でリズムを取るところがカッコイイ
・ジェジュンのアレンジ部分最高です
・チャンミンの声量には圧倒される(すごい!)
・特に「Why」は感情INでキレがありまくり
・ジュンスの「Why」入りはヤバすぎる
・まさに「ジュンス様おな~り~!」状態
・「魔法を~ぉ~ぉ」のアレンジに鳥肌
・最後のジェジュンとジュンスのハモリも抜群すぎた(見詰め合う姿も良し)
・4日のMCでユチョンがいきなり「東京ドームでやってみたかったことがある」といいエアー野球を披露
・あの振りではホームランは厳しい(毒舌)
・全員が終始「嬉しい、ありがとうございます」と言っていた
・ユノがMC時、画面に反映されないカメラに向かってカメラ目線で何か話をした(失敗)
・ユノはそれに気付いてもう一度やり直していた(成功)
・ジュンスがドームでもオヤジギャグを強要されていた
・それに対して「ドームでもやらないといけないですか?」と言いながら「青山」「原宿」ギャグ
・残念ながら「アサリはアッサリしてるね~」は言わなかった(当たり前)
・オヤジギャグをしたにも関わらず「いつも同じじゃん~」とジェジュンに突っ込まれていた
・それを聞いたジュンスは「プレッシャー」があるという事をポロリ発言(超可愛い)
・ポロリ発言後「ジュンジュワ~!」
・チャンミンも当たり前にギャグを振られ、振られた瞬間に高速「お疲れ山」
・あまりの高速ぶりについていけなかった(笑)
・5日のジュンスギャグ、ドームスペシャル「おつかれやまんば」はブーイングの嵐だった(笑)
・その代わりにチャンミンが「お疲れ山」赤ちゃんバージョンを披露(設定1歳)
・1歳のわりに「みなた~ん、おちゅかれやまぁ」とよく喋べれていた(天才児!)
・ユノがチャンミンの「山」をまたまた右側スタンドへ蹴り飛ばした
・チャンミンは小学生の時に足を怪我をして以来、人を笑わすことが出来なくなったと言っていた
・が、それを言った時に会場はドカンドカンと大爆笑(矛盾)
・ジェジュンもネタを振られ「僕のギャグは1つしかないです」と言った
・そして「しょーゆー事!」と醤油を持参しながら披露
・というか、それは「僕のギャグ」ではなくて「ショージのギャグ」(笑)
・ジェジュンは毎年旬なネタをパックンする
・そして更に「僕のお陰で日本全国でどんだけ醤油が売れたか知っている?」と豪語
・だからそれは「ショージ」のお陰だってば!(笑)
・と、思ったらチャンミンが「醤油が売れたことと僕達は関係ない」とバッサリ
・確かに醤油が売れたことにショージもトンも関係ないと我に返った(笑)
・両日とも作詞作曲トークでユチョンとジェジュンが良い事を言っていた
・ユチョン「ファンと東方神起との見えない橋を作りたい」
・ジェジュン「自分達の感情を入れて曲を作ったら喜んでくれると思って作りました」
・2人ともファンの愛に応えたいという思いが伝わってきて感動した
・そして早々と次曲へ進行するチャンミンに会場から「えー」の嵐
・そんなファンにチャンミンは「ライブには流れっていうものがあるんですよ」とお説教(両日)
・5日はイヤホンを外し何とも言えない表情で半ば無理矢理にタイトルコール(笑)
・そんな強引なチャンミンが素敵すぎた(ポッ)
・「忘れないで」は心底良い歌だと思った(ジェジュン、チェゴ)
・切ない歌がジェジュンの歌声によって更に切なくさせる
・チャンミンは背筋も歌声もピーンッ!としていた
・ジュンス~、私も「君がいる世界に飛んでいきたい」よ~
・ジュンスの切ない顔が更に切なかった
・ジュンスは眉間のシワもカッコイイ
・出来ることならあの眉間に押しつぶされたい
・足を組んで座るユノはやっぱりカッコイイ(足ロング)
・自分のパートではないところも口ずさむユノもカッコよかった
・ユチョンは歌うパートまでユチョンらしくてカッコよかった
・ジュンスの「待ってるからぁ~あ~あ~~あああ!」最高すぎ
・全員、かなり心込めて大熱唱(感動)
・この曲もジェスが際立って素敵だった
・ここで突然モニターに映像が!
・名古屋?のライブ前の気合入れ映像(とうほうとうほうとうほうしんき、ファイトー!)
・この時にSAMが「みんな、もっと上の方のお客さんにも手を振ってあげて」と言っていた
・SAM、ええ事言う!ええ人!
・続いて楽屋?での打ち合わせ映像
・この時にSAMが「ここで誰がインサ(挨拶)するか決めて~」と言っていた
・SAMはちょびっと韓国語を覚えだしている(笑)
・SAMは努力家!
・すると、突然「SOLO」の文字(ギャアアアアアアア!!!!!!!!)
・1人1人の名前がモニターに映し出され、それと一緒にリハ映像
・ヤバイヤバイヤバイヤバイ(笑)
・トップバッターはジュンス「XIAHTIC」日本語ver.(ぎぁあああああああああああああああ♥♥♥)
・初「XIAHTIC」にパニる(笑)
・やっばい、やっばい、やっばい、これはもはや事件っ!
・遠隔操作悩殺殺人事件勃発!(被害者シアペン筆頭に5万人)
・真っ白衣装のジュンス様がご登場(キメキメ)
・どっからどー見てもカリスマ全開!
・スイカの瞳孔全開!
・思考回路はショート寸前(セーラームーン)
・ジュンスの腰使いはヤバすぎた(撃沈)
・ジュンスの腰使いは本当にエロすぎた(超撃沈)
・ジュンスの手つきもエロすぎた(興奮)
・ジュンスが女性ダンサーと絡んでいた(失神)
・絡むというかひっついていた(失禁)
・そんなジュンスの姿をスイカが正気で見れるわけがない
・ジュンスがヨジャと絡むたび「ギヤヤヤヤ!!!やめてぇぇぇぇぇぇ!!!!近寄らないでー!!!」と絶叫
・カッコイイ域を通り越して、見るに耐え難いものがあった(傷心)
・あんなに力いっぱいに「やめてー!!!近寄らないでー!!!!」と叫んだのはこれが人生初
・そして後半になるにつれ絶叫系「やめて」から、つぶやき系「やめて」に変化(ダメージ大)
・終わった頃には自力で立っていられないほどだった(どんだけ~(笑)
・ジュンス+エロ=OK
・ジュンス+エロ+ヨジャ=NGNGNGNGNGNGNGNGNGNG(一生禁止)
・ヨジャ絡み以外は本当にカッコよかった
・ジュンスの腰には何かがとりついているとしか思えない
・去年→腰グングン、グイングイン
・今年→腰グネングネン、グワァングワァン、ゴインゴイン(確実に成長)
・股間がモニターにズームインされすぎていた(鼻血ブー)
・ジュンスの表情がこれまたセクシー♥
・「チィー!!」と食い縛る顔に何度も腰が砕けた
・「ハッ!!」の気合入れに撃沈しまくり
・花道メインステージにて膝つきシャウト(かっこよすぎて死)
・筋肉モリモリ、血管モリモリ
・4日、白ジャケを脱ぐのに奮闘するジュンスが男前すぎた
・左手だけが全然抜けなかった(手袋のせいかな?)
・手を抜くのに奮闘しているうちにダンスタイムが近づく
・無理かと思った瞬間、足でジャケを踏んで強制脱皮!!!
・その姿が、とんでもなく、尋常じゃなく、むっっっっっちゃくちゃかっこよかった!
・そして何事も無かったかのように踊るジュンスはやっぱりカリスマ!
・ジュンスはとっさの判断までもがカッコイイ
・またまたまたまたまたまたまたまたまたまた×1000000000000惚れてしまった♥
・5日はすんなりとジャケットが脱げていた
・ついでに全て脱いで欲しかった(プヘヘヘ♥)
・ジュンスはちゃんと学習していた
・最後の締めダンスも決まっていた(惚れ惚れ)
・スイカ的には4日の方が全体的に腰の動きが凄かったように思う
・ジュンスのカッコよさには絶句
・言葉で表現しきれないほどカッコイイ
・本当にジュンスは存在自体がカリスマ
・ジュンスはカリスマ界のカリスマ
・「XIAHTIC」、色んな意味でヤバすぎです!!!
・興奮冷めやらぬうちにジェジュン&ユチョン「COLORS~Melody and Harmony~」
・モニターに「今日のために創りました」と映し出された(「この日のために」だったかも?!)
・ドーム公演のために創ったことに既に感動
・この曲、歌詞の内容、メロディー、すんげぇ良いです
・ラフな服を着てまずはユチョン登場(白シャツ、Gパン)
・続いてもラフな服を着てジェジュン登場(ボーダーニット、Gパン)
・2人ともお洒落なカフェで優雅にくつろいでます系の服だった
・ユチョンはアイスコーヒー、ジェジュンはカフェオレ、みたいな(笑)
・2人とも本当に優しい表情でたまらなくカッコよかった
・ゆっくりと花道に向かって歩く姿は何とも爽やかだった
・ユチョンのRapは残念ながら「ホジャホジャホジャ~」としか聴こえなかった
・でもユチョンのことだからきっと英語で良いことを書いているのだろう
・ジェジュンの声と歌詞、メロディーがマッチングしすぎ(泣ける)
・後半の「ララララララララ~♪」を「一緒に!」と求められた
・ものすごく良い曲なのだが突然すぎて無理がある(笑)
・その証拠にファンの合唱も心なし自信なさげだった
・するとジェジュンが「聴こえないよ~!」と言った
・ジェジュンはなかなかハイレベルなことを要求してくる
・でもその要求に応えようとファンは手探りで頑張った(笑)
・その合唱を聞いているときの2人の笑顔は本当に嬉しそうで癒された
・あの歌は間違いなくファンへのラブソングだと思う(超感動)
・本当に本当に本当に本当に本当に良い曲だったのでCDにして欲しい!
・感動でほっこり冷めやらぬうちに、ユノ「CHECKMATE」日本語ver.スタート
・またもや初「CHECKMATE」にパニる(笑)
・ユノはやっっっっっっぱり死ぬ程カッコイイ
・ユノのカッコよさは言葉では表現しきれない(もどかしすぎ)
・ユノのスタイルの良さは郡を抜いている
・ユノは光り輝いていた(とてつもない後光)
・ユノは年々神々しくなっていく
・ユノの動きはしなやかさがある
・神々しい+しなやか=千手観音≒ユノ
・ユノはヤバイ、すんげぇヤバイ、鬼ヤバイ!
・まじでヤバババババババババーイんだから!!!!(脳天カチ割られる)
・青いスーツが超超超超超かっこよすぎた
・髪型もものすごーーーーーーくカッコよかった(耳に髪をかけていた)
・歌が超超超ユノに合っていてカッコよかった
・登場に仕方からしてカッコよかった(紐にぶら下がって登場)
・スタイル的にはルパン3世そのものだった
・それだけで良かったのに「不二子ちゃん」まで登場
・ユノが不二子(女性ダンサー)と絡んでいた(絶句)
・ユノが不二子(女性ダンサー)にボディタッチしまくっていた(絶叫)
・ユノが不二子(女性ダンサー)とフェイクキスを2回もした(死)
・あの無理矢理感、強引さが堪らない(男前すぎ)
・スイカもユノに強引に迫られたい(叶わぬ願い)
・もししてくれるのならば、そのまま頭をもぎり取られてもいい
・ユノは終始「ドヤ顔」ではなく「やったるでー!顔」だった
・カッコイイのだが不二子ちゃんと絡むユノの姿は見たくなかった(でも見たい(笑)
・スイカはジュンスの時と同様「やめてー!近寄らないでー!」を連呼
・でもユノはやめてくれなかった(当たり前)
・スイカは曲が終了した頃に動機、息切れ症状が出た(救心必要)
・ホス好きなスイカには見るに耐えれない場面も多々あったがユノは本当に死ぬ程カッコよかった
・何回も言うが本当に超ミラクルスーパーカッコよかった
・ゼェゼェが止まらぬうちにチャンミン「WILD SOUL」スタート
・生バンドの中、黒尽くめ衣装のチャンミン登場(ムキムキ)
・チャンミン、迫力ありすぎ!!!
・ロン毛の時とはまた違う雰囲気のカッコよさと迫力があった
・確実にあの時よりパワーアップした「WILD SOUL」だった
・チャンミンの挑発的な顔に悶絶
・特に大量の汗をかきながらの眼力に「ひょえ~」となった
・声量もすごいし、スタイルすごいし、カリスマ全開すぎた
・まさに「限界ギリギリ」に半分イッちゃってるチャンミン男前すぎ
・大熱唱の大迫力にチャンミンの血管がちぎれないか心配になった
・というか、その前に自分の血管がちぎれそうだった
・大興奮しすぎて「君の全てを見せてくれ」で服を脱いで見せてやろうかと思った
・でもそんな事をしたら即退場、即逮捕されるので我慢した
・お決まりの唇をクイッと拭う姿はヤバイっしょー!(絶叫)
・チャンミンが緑のレーザー巧みにを使っていた
・そしてそれがピストルの様にバンバンと向けた先で爆発
・それがまたチャンミンとマッチング
・迫力満点でニヤっとした表情のチャンミンがこれまたグー!
・ラストの「NA~!」は全身全霊かけちゃってます系だった
・そしてその後のやりきった感満々の締め方も最高だった(かっこいい)
・まさかまさかのソロに完全にノックアウト
・ドーム、気合はいっちゃってます!!
・何度見てもあの外人さんとの映像はおもろい
・ユチョンの相手の人がサマーカットされたプードルの様だった
・ユノが渡した航空券は「ニューカレドニア」行きだった
・東方神起となら地獄の果てまでも一緒に行きたい
・「Begin」ユチョンの声とピアノ演奏が素敵だった
・「泣きたいときは泣けばいいから」本当に泣いちゃうよ!(でも泣かない私(笑)
・ジェジュンの髪の毛のサラサラ度がパワーアップしていた
・裏にいる時に高速でドライヤーで乾かしてると思われる
・そのサラサラがこれまた「Begin」と合っている
・ジュンス「むなしいだけさ~おぉぉぉ~!」最高!!!
・この曲はハモリが良い~綺麗!
・5万人も入っている会場とは思えないほどラストのジェジュン「begin~」はシーンっと静まり返った中で響き渡った(感動)
・「Nobody Knows」スタンドマイクさばき、ステックさばきがかっちょいい
・みんなのお尻が超可愛い(どこ見とんねん)
・ジェジュンは流し目の特許を取ったと思う
・チャンミンのステック弾きをバッチリ見ようと双眼鏡を探していたら見逃してしまった(ガーン)
・盛り上がり曲から一転、切ない曲「TAXI」
・チャンミンの声が入った瞬間に切なすぎて「はあぅ」と痺れる
・聞き入りすぎてスイカの動き停止(ペンライトを振る余裕などなし)
・間奏のトンの表情も本当に良い
・心に染み入りすぎてチンッとなった(何故か(笑)
・そんな気分を「Forever Love」のジュンスが癒してくれた
・毎回毎回思うことは同じでジュンスの優しい微笑みに胸キュン
・本当に良い表情だよ~ジュンス
・スイカに1番星、おくれー(泣)
・伴奏「チャンチャン」のあとの「何度も何度も~」のジュンス素敵素敵素敵(涙)
・花道からメインステージに戻る時の伴奏が美しかった
・最後のジェスのハモリはやっぱりキレイ(感動)
・「-O-正,反,合」ユチョンのナレーション、ヤバイね!
・「見とけよー!」と言わんばかりのユノのソロダンス(ヤバイ)
・この曲はテンション上がるどころの話じゃない
・どっからどうみてもカリスマ
・もうカッコイイとしか言いようがない
・どこにそのエネルギーあるのかと思うくらいパワフルダンシング!
・ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバババーイ!(笑)
・フォーフォーフォーフォオオオオオオオオ!!!!!(爆)
・「美味しいもの」を「美味しい」としか表現できないように「カッコイイもの」は「カッコイイ」のだ
・「東方神起ダンサーズ」のダンスターイム!
・おNEWなダンサーさんがいっぱいいた
・しかも読み方が難しくて名前が読めなかった(ケケケ)
・女性ダンサーの時はいまいちスイカは盛り上がらなかった(鬼)
・むしろ、ジュンスとユノに絡んだ人を見つけるのに必死だった
・でも、女性ダンサーさんは何も悪くないよ
・ちゅーか!!!!東方神起ダンサーに女性を入れた会社が悪い(キッパリ)←プ。
・1stから一緒に頑張ってきたダンサーさん達もきっとドームに感動したに違いない
・「Choosey Lover」来ました、カラフルボーイズ!
・も・り・あ・が・る・ん・で・す・け・どー♪
・ジュンス「choosey bady oh~」腰にカメラズームイン!
・セクシーを通り越して恥ずかしいってば、シア・ジュンス(笑)!
・ジェジュン「sexy lady oh~」で強靭な肉体美を披露(腕ムッキー)
・ジェジュンはマッスル男
・ユチョンが髪の毛を横結びにしていた(かわいい)
・チャンミンは縁の下の力持ち
・ユノのソロダンス部分、スイカは成功していたと思うがスイカ姉は「失敗していた」と譲らない(笑)
・「Sky」ユチョンの「2009」は盛り上がる
・そのあとに「東京ドーム」と言っていたような気がする(自信なし)
・全員が元気のよすぎる仔犬の様に走りまわっていた
・この時点からスイカは双眼鏡を放棄の為よく覚えていない(笑)
・「Somebody To Love」これは本当にあおり曲!
・ユノの「everybody say~!!!!」に俄然テンションが上がる
・ユノが途中花道で仰向けになって寝ていた(壊)
・ユチョンの「I say」は4日「Bigeast」5日「東京」
・ジュンスがピョンコピョンコ跳びはねていた(かわいいケロー)
・ジュンスのBIGスマイル、ちゃいこー!
・チャンミンはジャンプする時も姿勢が良い(凄い事です)
・カメラにプリティ顔を向けるチャンミンがプリティすぎた
・ジェジュンはめちゃめちゃ楽しいというのが伝わってきた(終始笑顔)
・タオル回しをする時、スイカは必ずジェジュンを見てしまう
・原因不明の対抗心が理由と思われる(笑)←謎
・半分死にかけのジャンプも途中リタイヤせず達成できた(満足)
・これでいよいよマサイ族に入族できると思う
・まだ続くあおり曲「Summer Dream」スタート
・あーーーーーーーーーーーーーー盛り上がるー(笑)
・サマドリダンス、楽しいよー!!
・両日ダンス先生はジュンス
・去年同様、チョンサポーズにチョンサスマイル付き
・この時ばかりはジュンス以外はアウトオブ眼中
・途中でバンドメンバーの紹介があった
・紹介されてる時にその人の周りのセットが光っているいるということに最終日に気付いた
・番長の柿やんは遠目から見たら葉加瀬太郎に見えた
・まだまだ続くおあり曲「Survivor」スタート
・あおられすぎて死にそうだった(笑)
・ジュンスの「ウェイ!」も一段と気合が入っていたように思う
・チャンミンパート「立ち上がって!」は殆どの人がペンラを天井に向けて上げていた
・ユチョン「きみがいれぶぁぁぁあああ!」「忘れかけたぁああああああ!」は今までで1番すごかった
・ユノの股下から女性ダンサーが登場
・ユノの股下は長いから仕方ないが少しばかりムカッとしてしまった
・ジュンスとユノの半径3mはヨジャ禁止区域
・チャンミンは半径2m
・ユチョン、ジェジュンは半径30㎝←ゆるい(爆)
・そして全員にお触り禁止(世界遺産扱い)
・そんな事を考えていたら曲が終了してしまった(あちゃー)
・ジェジュン?が「ありがとー!」と言って舞台袖へはけていった
・一旦暗転、アンコール待ちの時の「東方神起」コールは全く揃っていなかった(会場広すぎ)
・というか、コール中にまさかまさかの移動台車が準備
・これを見て悲鳴に近いファンの歓声が会場に鳴り響いた
・そうこうしてる内にアンコール前の過去シングル映像開始(早い)
・何故かみんなライサンの時だけ最後まで歌いきる(一体感)
・「The Way U Are」でアンコール開始
・両日「白Tシャツ」を着用(わーい)
・「TWUA」最後くらいはフルで聞きたかったというのが本心
・最初の「東方神起」コールは会場に響き渡っていた(山びこ大)
・ユチョンの指をピロピロするところは毎回エロい
・でもそのエロピロピロをファンはとっても楽しみにしてる(笑)
・ユチョンはあの指ピロピロで少なくとも4万5千人の心臓をえぐり取った(ある意味凶器)
・ユチョンのピロピロは他メンバーと格が違う
・ユチョン、特許を取りなさい(命令)
・またそんな事を考えていたら曲が終了してしまった(わちゃー)
・秘密兵器「移動台車」に乗って「ウィーアー!」
・舞台左側からユノ、ジェジュン、右側からユチョン、ジュンス、チャンミン出発
・それぞれ自分の台車には名前が入っていた
・その時に客席にカラーボール(直筆サイン入り)を投げるというサプライズ
・ユノは青、チャンミン紫、ジェジュン緑、ユチョン白、ジュンスピンク
・ユノはサイン入りボールをより遠くに飛ばそうと頑張っていた
・が、全然遠くに飛んでいなかった(笑)
・ががが、スイカはその気持ちだけを受け取った
・ジェジュンはポイポイ投げまくっていた
・なのにスイカ区域では1つも投げていなかった(笑)
・ユチョンは投げるというか与えていた(笑)
・ユチョンの贔屓はすごい(爆)
・ユチョンボールは白いので遠くから見ていると「ゆで卵」の様だった
・もしや贔屓にされていたのは板東英二かもしれない
・そう考えるとあの一点集中投げにも納得(笑)
・残念ながらジュンスとチャンミンの投げるところは場所的に見えなかった
・このボール投げには思いっきり性格が出ていて楽しかった(特にユチョン)←しつこい(笑)
・バックステージ近くに着くと台車から降りて走って舞台へ
・あれは近くの人ラッキー
・そしてバックステージで「Break up the shell」
・舞台が小さいので少々こじんまりダンスだったように思う
・それでも全員気合を入れて踊っていた
・今まで気付かなかったがジェジュンのジャンプがものすごく高かった
・ダンスナンバーではどうしてもジュンスとユノを見てしまう癖があるのでジェジュンのダンスを見て驚いた
・ジェジュンはものすごく踊っていた(今更)
・ジェジュンは1番男らしくカッコよく踊っていた(カッケー)
・バックステージでMC突入
・「盛り上がってる~?」「ありがとう」「気持ちいい」とそれぞれが言っていた
・4日は「ズームイン」の羽鳥アナが来ていて紹介されていた
・でもユノは「はとりさん」を「はっとりさん」と紹介
・力が入っただけだとは思うが「っ」1つで別人になってしまうという事をユノは知らない
・バードの容姿は赤い?ハッピに手には「ズームインして」と書かれた団扇所持
・バードは第二の関根さんになりつつある
・しかもなかなかの良席でご覧になっていた
・バードは大きいので後ろの人の心中お察しいたします(笑)
・そしてチャンミンが早々と新曲紹介へ突入
・説明を始めるチャンミンが突然ユノに「近寄りすぎ!」と一喝し突き飛ばしていた(おもろ)
・確かにあのステージの広さを考えると近寄りすぎていた
・この日は意外とすんなりMCが終わった様な気がする
・5日はジェジュンが「デビューした頃は200人くらいだったのに、今はこんなに大きい会場で歌えるようになって嬉しい」と泣けるコメント
・そして「その時のお客さんがここにいるかわからないですけど」とも言っていた
・いるよ~いるよ~ここにいるよ~ジェジュン!(涙)
・来れなかった人もいたと思うけど、みんな応援し続けてるよ~!
・会場でも「はーい」など返事をしてる人がいてメンバーは「ありがとう」と素敵な笑顔で言っていた
・その後、チャンミンの新曲紹介でお決まりの「えーーー」
・でも強行突破のチャンミンは「えーって言っても僕は行きます」とバッサリ
・「誰でも経験したことあるような・・共感しやすい歌だと思います」とチャンミン説明開始
・するとチャンミンはまたもやメンバーとファンから「ヒューヒュー」攻撃を受けていた(笑)
・ユノに「チャンミンもあったの?」と質問され「はい」と返答するチャンミン(きゃー)
・「僕は顔が30代に見えるかもしれませんけど20代だから」的な事を言っていた(ような気がする)
・とにかくチャンミンが可愛い過ぎた(最強ウリマンネ)
・5日はファンからの逆サプライズで「Stand by U」でペンライトを青にチェンジすることになっていた
・曲が始まってからチェンジしなければいけないのにMC時から青にする人多数(おいー)
・その「せっかちさん」の数は約1000人(もーっ)
・それに気付いていながらも気付かないふりをしているトンの姿に感動した
・そして演奏が始まり一斉に青へチェンジ
・赤い海から青い海へ、赤い空が青い空へ変わる姿は本当にキレイで感動的だった
・そしてジェジュンが最初に「ありがとう~」と笑顔でお礼(嬉しかった)
・全員がとっても幸せそうな表情で会場を見渡している姿を見てファンも幸せな気分になったい違いない
・「Stand by U」はやっぱり名曲(めっちゃ良い)
・そしてまた移動台車に乗り込み残りの半周を「Kiss the baby sky」を歌いながらメインステージへ
・その前?にジェジュンが「プレゼントありがとう」とまたお礼(感動)
・メインステージへ帰るみんなの表情はキラキラしていて心の底から喜んでいるように見えた
・4日は台車が通ると意外と近いスタンドだったのでみんなの顔を肉眼で見ることができた
・悲しい事にジュンスはどっからどー見てもジュンスペンの私を無視った(笑)
・そんな所も素敵だけどー(痛い(笑)
・チャンミンは皇室みたいな気品でかっこよかったーーーーー(しみじみ)
・トンとファンの大合唱はとっても感動的だった
・そんな中、英語が苦手なスイカは日本語英語なので発音をごまかすという姑息な手段を使用(てへー)
・5日のトンはなかなかグッときてきたような気がする
・この時は両日とも会場が温かい空気に包まれていて最高だった
・そんな良い雰囲気のまま出演者全員で最後の挨拶
・個々に握手やハグをしてお互いを称え合う姿が爽やかだった
・4日ではみんなしきりに「ありがとう」と言っていた
・ジェジュンは「ここにいる皆さんの力が東方神起のパワーになった」とまたまた泣かせるコメント
・前々から思っていたが、ジェジュンは良い事ばかり言う(拍手)
・5日、ダンサー&バンドメンバー紹介の時にユノが突然謎の「エーィ!!!」コールをした
・意味不明だったがコールするユノがものすご~~く楽しそうで可愛いすぎた
・しかも「エーィ!!!」コールは意外と楽しい(笑)
・その後に去年同様、SAMさんコール(笑)
・SAMさんコールも楽しい(笑)
・出演者全員で一列になって手を繋ぎ一礼(素敵)
・そのあとメンバーだけが花道に来て各方面に挨拶周り
・全員が深々と長いお辞儀をしていた(気持ちが伝わってくる)
・中でもユノのお辞儀は超角度が綺麗でお辞儀の見本のようだった
・花道にて改めてメンバー紹介
・「We Love ジュンス!」「we Love ユチョン!」「We Love チャンミン!」「We Love ユノ!」「We Love ジェジュン!」
・そして最後に「We Love Bigeast!!!」(感動)
・「ありがとうございました」と言いながらメインステージに戻る姿を見てこのまま時が止まればいいのにと本気で思った
・5日では「カムサハムニダー」とも言っていた
・ラストの「Bolero」は完璧すぎた(ヤバイ)
・ジュンスの歌声が表情が仕草が胸に刺さる
・ただでさえ聴かせる歌、泣かせる歌の感動曲なのに、そこに夢のドーム公演というスパイスが(涙)
・スパイスが効きまくっていて、みんなの気合の入りようがハンパなかった
・掛け合いながら歌うパートは全員体を震わせて反らせて熱唱!(圧巻)
・全身全霊を込めて力の限り歌う姿が脳裏に焼きついた
・まさしく大熱唱!!!大迫力!!!感無量!!!
・素晴らしすぎます、東方神起!!!!!!!!!!
・そしていつもと同じ様に暗転、ライトが照らす先にはトンおらず(寂しい)
・心にポッカリ穴が空いた
・するとダブルアンコールの「東方神起コール」が!(興奮)
・伴奏が始まり「HaHaHa~♪」(ぎやあああああああああ!!!)
・ダブルアンコール「Love in the Ice」
・もう、良すぎて良すぎて記憶なし
・大熱唱後の大熱唱(感激)
・みんな力入れて熱唱しすぎてカメラからフレームアウト!
・死ぬ程切な顔で歌うトンに1ミリたりとも動けなかった
・ファンに対する熱い思いが本当に伝わってきた
・4日ではジェジュンが歌詞を間違えるという場面あり
・すると、さり気無くフォローに入るチャンミン(素敵すぎ)
・メンバー内の愛も垣間見えて本当に感動的だった
・最後の「HaHaHa~♪」はアカペラ(ヤバイってばー泣)
・5人の声が重なり合い本当に本当にキレイなハーモニーだった
・あまりにもキレイすぎて声援も拍手もいつもよりワンテンポ遅れてしまう程だった
・感動の嵐の中、4日は「ありがとう」「またね」と言って終了
・5日はジェジュンが「これからも頑張って走っていきたいと思うので熱い応援、パワーをいただいてもいいですか?」とまた良い事を言った(泣かせる)
・会場はもちろん「はーい!!!」&拍手&歓声&声援
・そしてまた心を込めてお辞儀をし、メインステージへ
・何度も何度も「ありがとう」「カムサハムニダー」を言うトンに逆に「ありがとう」と伝えたい
・「Bigeast」「カシオペア」に対するトンの愛情を感じた
・東方神起はファンを大事にするとても素敵なグループ
・期待を込めてのトリプルアンコールの「東方神起」コールはファンの気持ちが本当に1つになってキレイに揃っていた
・残念ながら登場はなかったけど素敵なステージを見せてくれた東方神起に感謝
・ラストの映像は今までとは違いそれぞれのリハの様子などが映し出されていた(可愛かった)
・本当に素敵な素敵なツアーでした!
・やっぱり愛さずにはいられないよ「東方神起」
・一生愛していくとまた強く思った「4th LIVE The Secret Code FINAL in TOKYO DOME」
・最後にスイカ姉妹をこの記念すべきドーム公演に声を掛けてくださったお友達、全ての公演を通して会場でお会いしてくださった皆様に心よりお礼申し上げます
・とっても楽しい時間が過ごせました!
・全てに「ありがとう!!!」


最後にユチョンが東方神起とファンを繋ぐ橋になるようにと作ってくれた歌にのせて
全公演、サンキューメールです^^





本日のおまけ
200907062317577cb.jpg
kjhgrty.jpg

              「4th TOUR The Secret Code」大成功!
              たくさんの愛と感動をありがとう♥

Posted by スイカ
comment:45  
[東方神起
大阪・名古屋レポ
大阪コンサートから半月が経ち、今更もう読んでも読まなくても良いかと思いますが
思い出せる範囲で書いてみようと思いPCの前に座っています。
公演内容は同じなのでMCなど、他とは違った所をちょこっと書きますね、思い出せる範囲で(笑)
もう1回言うとこ、思い出せる範囲で!!!!(笑)
ちなみに私は大阪11日、13日と名古屋18日に参加しました^^

・大阪は異様な盛り上がり様だった
・大阪のMCは超長かった
・チャンミンが今や定番の「お疲れ山」を可愛く披露
・13日では「僕は顔が可愛い系なので可愛くやります」と言い放ち「お疲れ山」を披露
・何の躊躇もなく自分を褒めるチャンミンがとっても素敵だった(笑)
・続いてジュンスが「お疲れ山」カリスマバージョンを披露
・しかしながら、ヒューヒュー言われて恥ずかしくなったのか1回目は失敗
・その時、照れて手で顔を覆った姿が超ミラクルスーパー可愛くて死にそうになった
・隠したわりに、全然手で顔が覆えていない所がキュートさ倍増
・肝心のカリスマバージョン「お疲れ山」は全くカリスマ性を発揮していなかった(笑)
・ユチョンがセクシーバージョン「お疲れ山」なるものを披露
・当たり前に会場「きゃーーーーーーーー♥」
・ユチョンはファンが喜ぶことを周知しきっている(笑)
・何もしなくてもセクシーなユチョンが気合を入れてセクシーになるのは罪だと思う
・ユチョンは毎回披露したあと恥ずかしがるくせに大胆なことばかりする
・ジェジュンが赤ちゃんバージョン「お疲れ山」を披露
・なぜか設定は2歳
・ジェジュンは2歳児の発育具合をよく知っていた(笑)
・そして見事に2歳児になりきって一言「おつはれひゃま」
・またまた当たり前に会場「きゃーーーーーー♥」(笑)
・ユノがお得意の大滝秀治バージョン「お疲れ山」を披露
・普通に上手だった(笑)
・ユノは確実に大滝秀治モノマネを自分のモノにしている
・ユチョンが画面いっぱい自分の顔をアップされたときに目を二重にした
・そしてまた会場は「きゃーーーーーーーー♥」
・その延長で突然、ウィンク
・言うまでもなく会場「ギャーーーーーー♥」(笑)
・ユチョンは本当に憎めない(笑)
・「Box in the ship」でのコール、ユノは「たこやき」「ジュンジュワー」
・チャンミン「おおさか」
・ジェジュン「どーゆーこと?」
・ユチョン「みんなオッゲー?」
・ジュンス「ジュンジュワー」「早口言葉」
・広島からの流れをみてユノは「食べ物」チャンミンは「地名」の確率高し(笑)
・大阪は2回目MCも長かった
・というか、長くせざるおえない程、ファンが欲張りだった(笑)
・それでもチャンミンは強引に新曲紹介をしようと頑張っていた
・が、食いしん坊チャンミンは欲張りペンに負けていた(笑)
・欲張りすぎるファンをなだめる為にジェジュンが「1人1人関西弁を話しましょう」と提案
・ジュンス「ボチボチでんな~」
・ユチョン「好きやねん」
・ジェジュン「盛り上がっていこうなぁ~!」
・チャンミン「なんでやねん」
・ユノ「べっぴんさんやな~」
・ジェジュンのは関西弁ではないと思う(笑)
・全員が言い終わったあと、チャンミンが「やっぱり方言は難しいですねー」と言った
・そして更に「日本語もまだまだなんだから調子に乗ったらダメですねー」と付け加えた
・というか、そんな事を言えるチャンミンは相当日本語レベルが高いと思う(笑)
・そんな中、ジェジュンがチャンミンに「関西弁で新曲紹介をして」とムチャ振り
・テンションが上がったジェジュンは何を言い出すかわからないので末恐ろしい(笑)
・そんなジェジュンに慣れているのか、アッサリとチャンミンは「勉強します」とかわしていた(流石)
・というか、突然ですけど、私、今おやじギャグを思いつきました(興奮)
・「アサリはアッサリしているね~」
・ドームで是非、ジュンスに披露して欲しい(本気)
・話、戻します(笑)
・上手くかわしたチャンミンにジェジュンはまだ絡み、そして最後に「ばか」と言ったような気がする
・あのチャンミンに「ばか」発言をするとは、やっぱりジェジュンは末恐ろしい
・いつか忘れたが、MC中ユノがチャンミンに「ボーッとするな!!」と一喝されていた(笑)
・確かに本当にあの時のユノはボーッとしていたので怒られても仕方なかったと思う
・ジュンスとユチョンが舞台のド真ん中で内緒話をしていた
・あんなに堂々とした公開内緒話をするのはユスくらいだと思う(笑)
・とにかく大阪MCは相当時間を割いていた
・そんな大阪にトンは困っていた、そして呆れていた(笑)
・でもとっても楽しそうで素敵な笑顔がたくさん見れて嬉しかった

ふぅ~(笑)
肝心のライブ中のトンの姿を全然思い出せな~い><

あー、脳みそがカニ味噌になりそう(笑)
でも、もう一気にいったれ!
続いて名古屋だみゃー!

・とりあえず、豪雨すぎた←かなり根に持っている(爆)
・全身ビッショビショになった(まだ言う)
・本当に風邪を引いた(まだまだ言う)
・ビッショビショのまんまライブスタート
・ジェジュンのマイクがおかしかった(声入らず)
・心配したがすぐに直って一安心
・名古屋MCは大阪ほど長くはなかったが盛り上がった
・ジェジュンは滝のような汗をかいていた
・ジェジュン曰く、いつも名古屋は会場が暑いらしい(笑)
・今年のMCネタフリ担当ユノが最初にチャンミンを指名
・そして更にジュンスが「お疲れ山はやめて」とまさかのリクエスト
・それに対して「ネタを考える余裕はない」と言って反抗するチャンミン(笑)
・結果、いつも通り可愛い「お疲れ山」を披露(チャンミン強し)
・それを見たジェジュンがタオルを床に投げつけた
・ユノはチャンミンから「山」を奪ってステージ右スタンド上段へ蹴り飛ばした
・ジュンスはチャンミンのお疲れ山を見て「娘っぽくて可愛かった」と褒めていた
・「娘」という表現を使ったジュンスがおもろいし可愛いすぎる(笑)
・続いてジュンスがセクシー「お疲れ山」を披露
・最後に舌がペロッと出て超セクシーだった(セクシーバージョン成功)
・ジュンス毎回恒例の語尾伸ばし曲紹介を何故かしなかった
・と、思いきや会場の雰囲気を察知してかいつも通り語尾伸ばしに切り替えた(笑)
・ユチョンはまたカメラでアップになると二重にして会場を沸かしていた
・ジェジュンがアップになった時「僕はやらないですよー」と言いつつもバッチシ決めてくれた
・ものすごい目力で吸い込まれそうになった
・スイカはジェジュンと「にらめっこ」をしたら確実に負ける自信がある(笑)
・名古屋でもユスの堂々とした内緒話は健在だった
・「Box in the ship」の掛け声、ユノ「手羽先」
・チャンミン「名古屋」
・ジェジュン「どーゆー事?」
・ユチョン「みんなおっげー?!」
・ジュンス「でら好き」「どうしてジュンスを好きになってしまったんだろう」
・「どうして」と聞かれても困る(だって大好きなんだもーん)
・やはりユノは食べ物、チャンミンは地名担当
・2回目MCでは「ひつまぶし」話で花が咲いた
・厳密に言うと下ネタ話に花が咲いた(笑)
・今から「ひつまぶし」話を再現します
・ジュンス「ひつまぶしが好きです。食べたらわかるんじゃないですか?うなぎが好きです」
・ユチョン「うなぎが好き?何の為に?」
・ジュンス「何の為にって・・・≧▽≦」(苦笑)←(笑)
・我らがリーダー、ユノ「男にいい!」←(爆)
・ジュンス「男にいいです!」←(爆)(爆)(爆)
・ジェジュン、ユチョン、爆笑中
・チャンミン「男のどこかに役に立つ「ひつまぶし」を力に次の曲にいきます」←(壊)
・ジェジュン、ユチョン、笑い転げ中
・ユノ「男にいいんだって」を繰り返す
・ジェジュン「特に男のどこかに・・・≧▽≦」と中途半端な所で止め笑い続ける
・ジェジュン、スタッフに「男のどこにいいんですか?ひつまぶし好きですか?」と質問(ノリノリ)
・トン達は「うなぎ=男にいい」と理解して食べていた事実が発覚
・そして必要以上に「ひつまぶし」好きのジュンスに男を感じた(笑)
・ジュンスはどんだけ「うなぎ」からパワーを貰っているんだろう
・それにしても、まさかの大人トークにトンの余裕を感じた
・今思えばそもそものキッカケはユチョンの「何の為に?」が始まりなのにユチョンは一言も「男にいい」発言せず、周りに言わせるだけ言わせて笑うだけだった(ズルイ(笑)
・というか、ユチョンには「うなぎ」からパワーを貰う必要などないのかもしれない
・「うなぎ」要らずの男、ミッキーユチョン、いいネタ振り、あざーっす(笑)
・この「ひつまぶし」話以降、会場は異様な盛り上がりだった
・興奮して盛り上がりすぎて、いつの間にか洋服も乾燥していた(笑)
・トンのライブは乾燥機代わりにもなる、とってもエコなライブだということが実証された
・「ひつまぶし」話はスイカの一生の宝物になった
・名古屋、ありがとう(笑)


ぜぃぜぃぜぃ(笑)
私の記憶力はこれが限界です。

でも、なんだか、やりきった感マンマン!(笑)
間違ってるところも多いかもしれませんが許しておくんなさいましー!

教訓!
レポは3日以内にすること~(笑)


いよいよ、明日はドーム公演!
盛り上がっていこうな~!(ジェジュンより拝借)


本日のおまけ
img_3_306_10.jpg
                    ドーム公演、ファイティン♥
Posted by スイカ
comment:22  
[東方神起
| HOME |